読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FF ADVENTURE

FF ADVENTURE

 FF ADVENTURE』(エフエフアドベンチャー、以下FFA)は、D.Takamiya(CUMRO)が開発したCGIゲームである。正式名称は『Free Fight Adventure』(旧名『Final Fantasy Adventure』、略式は同一)。主にキャラクターの育成を目的とし、他のキャラクターとの成長を競い合う。コピーレフト配布であるため、多種多様な派生バージョンが存在する。(wikipediaより

 

なんというかこんな情報があったとは・・・(;・∀・)

 

実はこれ、かれこれ10年以上前に私が作ったゲームだったりします。。。

 

当時のインターネットというと、まだYahooがディレクトリ型の検索エンジン(サイト運営者が申請して検索エンジンに登録してもらう)でgoogleなどはまだ一般的ではないころです。

 

ブログなんかもまだ日本では一般的ではなく基本的には個人HPを立ち上げその中に掲示板や日記CGIを設置していたような時代。

 

そんな時代のCGIゲームで流行っていたものにホームページバトラーというのがありました。

 

自分のHPのURLを入力してそれを数値化して戦うゲームで、勝つとTOPページに載るため宣伝になるというゲーム。

 

これがシンプルで面白かったし宣伝にもなってよかったのですが・・・私のHPのURLはとにかく弱かった・・・。

 

そこで思ったのが成長要素が欲しい!でした。成長すれば弱いURLもいつか勝てるようになるとw

 

何かCGIゲームを作ってみたいと思っていたこともあり、成長要素を持ったホームページバトラーを作ることにしました。

 

それからはウィキペディアにもかかれているように、当時有名だったKENTさんのCGI、HPバトラーのCGIを参考にしつつRPG要素を持ったFFアドベンチャーを作りました。

 

とりあえず動くものができたので自分のHP上に設置してしばらくするといつのまにやら1日2000アクセス近くいくほどの人気ぶりになっていて焦りました。

 

配布して欲しいとの声も多くいただきまして、まだ実装しきれていない機能も多数あるものの改造・配布自由で公開することにしました。

 

実はこの時、Perl/CGIの勉強を初めて1ヶ月ほどでプログラミング自体も初めてでした。そんなこともあってかなりひどいソースコードだったと思います。というかでした・・。

 

そんなソースであったにもかかわらず素晴らしい改造版が多数配布されるようになり、作りたかった機能がほぼ実装されてしまったため開発をやめたのですが、当時の知人にプログラムを譲り、その後も知人により開発が継続されていた?ようです。

 

しかし当時の2大高負荷CGIのうちの1つでしたねえ・・。

 

そういえば友人がPHP版を作ったりもしていましたね。

 

たまたまウィキペディアでみつけて懐かしくなったので記事をかいてみました。

 

Windows、Mac、iPhone&iPadで共通のパスワード管理ツール「KeePassX」

最近Macbook Proを買ってしまいました。また、iPhoneもかなり活用しているのですが、そんな中でかなり不便に感じていたのが色々なサイトのパスワード管理方法です。

WindowsではいままでID Managerというソフトを使っていましたが、当然iPhoneでは使えないため外出時にパスワードがわからないなんてことが多々ありました。

1つのツールでうまいこと共有化・管理できないかなってことで探してみたら「KeePassX」というのがよさそうでしたので、このソフトとDropboxを使ってWindows、Mac、iPhone&iPad全てで同じパスワード管理環境となるように設定してみました。(といっても大した設定はないです。Dropboxにパスワード管理ファイルをつっこむだけ)

 

  1. Windows、Macに「KeePassX」をインストール。
  2. iPhoneには「MiniKeePass」をインストールしました。
    ※他にも色々ありますが無料なので上記を利用してます。
  3. Windows、Mac、iPhoneに「Dropbox」ソフト・アプリをインストール。
    アカウントを持っていない人はこちらを参考にアカウントを取得して下さい。 
    ちなみに上記URLから新規アカウントを作成すると、あなたと私の容量が「500M」増加します!のでアカウントがまだ無い方は是非上記からw
  4.  OSはどれでも良いですが、パスワード管理ファイルを作成したら作成されたパスワードデータベースファイル 「○○○.kdb」 をDropboxに突っ込みます。
  5. 後はそれぞれのOSで「Keepass」アプリを起動後にDropbox上の 「○○○.kdb」データベースファイルを開きます。

 

以上でパスワードをすべてのOS環境で同じ管理が可能です。

Dropboxのアカウントが非常に重要になるので、1ヶ月に1回くらいパスワードを変えましょう!